メソッドとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

メソッド

「一般的なメソッド」などのように使う「メソッド」という言葉。

英語では、「method」と表記します。

「メソッド」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「メソッド」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

メソッドの意味

「メソッド」には次の意味があります。

体系的な方法・方式。(出典:デジタル大辞泉)

「一般的なメソッド」であれば、一般的な方法という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・おれは例のボックスメソッドを五千日分のデータにあてはめていった。
(出典:石田衣良『波のうえの魔術師』)

・私は、この春から大学でケース・メソッドによって法学教育を始めました。
(出典:末弘厳太郎『嘘の効用』)

・現在、彼女は独自のメソッドで歌のワークショップを行っているようなのだ。
(出典:田口ランディ『ハーモニーの幸せ』)

・二百人を対象にしたメソッドが確立しているとは、到底思えなかった。
(出典:阿刀田高『箱の中』)

・そして、これが一番重要なメソッドなんだが、あくまでここ、この世界は現在であるってことさ。
(出典:谷川流『11 涼宮ハルヒの驚愕(後)』)

類語

方法(ほうほう)
意味:目標に達するための手段。(出典:デジタル大辞泉)

手段(しゅだん)
意味:ある事を実現させるためにとる方法。(出典:デジタル大辞泉)

仕様(しよう)
意味:物事をする方法。(出典:デジタル大辞泉)

方途(ほうと)
意味:物事を実現・解決するための方法。(出典:デジタル大辞泉)

方式(ほうしき)
意味:ある一定のやり方。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました