マネタイズとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

マネタイズ

「マネタイズの方法を探る」などのように使う「マネタイズ」という言葉。

英語では「monetize」と表記します。

「マネタイズ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「マネタイズ」の意味や使い方や類語について、用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

マネタイズの意味

「マネタイズ」には次の意味があります。

無収益のサービスを、収益を生み出すサービスにすること。無料ネットサービスの収益化、無償コンテンツの有料化や広告収入モデルの確立など。(出典:デジタル大辞泉)

わかりやすく言えば「収益化すること」、つまり「お金を得られるようにすること」という意味です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ブログ記事の一部を有料コンテンツにしてマネタイズをはかる。

・いったん無料で配信してしまうと、あとからマネタイズするのは難しい。

・これまで積み重ねてきた経験や知識をマネタイズしたい。

スポンサーリンク

類語

収益(しゅうえき)
意味:事業などによって利益を得ること。また、その利益。(出典:デジタル大辞泉)

有料(ゆうりょう)
意味:料金の支払を必要とすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

儲ける(もうける)
意味:金銭上の利益を得る。(出典:デジタル大辞泉)

収入(しゅうにゅう)
意味:金銭や物品を他から収め入れて自分の所有とすること。また、その金品。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました