マウンティングとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

マウンティング

「マウンティング行為」などのように使う「マウンティング」という言葉。

英語では「mounting」と表記します。

「マウンティング」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「マウンティング」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

マウンティングの意味

「マウンティング」には次の意味があります。

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。(出典:デジタル大辞泉)

「マウンティング」という言葉は、「マウントを取る」の「マウント」の部分でもあり、自分が優位になることを示す行為を表す意味にもなっています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・だがそれが雄のマウンティングの名残だということをモモコは知らない。
(出典:池上永一『シャングリ・ラ 下』)

・当時も森は人に対して厳しかったが、それは自然の掟おきてを学ばせる人間へのマウンティングにすぎなかった。
(出典:池上永一『シャングリ・ラ 下』)

・条約締結は国の強弱を文言にしたマウンティングだった。
(出典:池上永一『テンペスト2 花風の巻』)

・ゴリラのオスの空腹中枢を刺激すると、マウンティングが起きる。
(出典:姫野友美『女はなぜ突然怒り出すのか?』)

類語

馬乗り行動(うまのりこうどう)
意味:優位個体の劣位個体に対する馬乗り行動(マウンティングmountingともいう)(出典:世界大百科事典)

タイトルとURLをコピーしました