スポンサーリンク

ベターとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ベター

「この状況では逃げるのがベターだ」などのように使う「ベター」という言葉。

英語では、「better」と表記します。

「ベター」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ベター」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ベターの意味

「ベター」には次の意味があります。

他よりよいさま。比較的よいさま。(出典:デジタル大辞泉)

英語で「better」は「good」の比較級で、「より良い」という意味です。
また「good」の最上級が「best」で、「最も良い」場合に使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・だがそれは、ベストではないまでもベターで終わることが前提だ。
(出典:沖田雅『先輩とぼく 1』)

・ほかにベターな方法があるのなら、教えてもらいたい。
(出典:星新一『あれこれ好奇心』)

・色鉛筆が六色ならその六色でベターな配色をしていけばいいのです。
(出典:嶽本野ばら『それいぬ 正しい乙女になるために』)

・商品の性格上、女子社員を多めに動員する方がベターでしょう。
(出典:田中康夫『ファディッシュ考現学』)

・いったい、どっちがベターな選択だったのか。
(出典:梅原克文『カムナビ(下)』)

類語

次善(じぜん)
意味:最善ではないが、それにつぐもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

副次的(ふくじてき)
意味:一段と劣った関係にあるさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

良好(りょうこう)
意味:すぐれていること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ワンランク上(わんらんくうえ)
意味:一段階上(出典:デジタル大辞泉)

増し(まし)
意味:どちらかといえば他よりすぐれているさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました