プレゼンテーションとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

プレゼンテーション

「プレゼンテーションをする」などのように使う「プレゼンテーション」という言葉。

「プレゼンテーション」は、英語で「presentation」と表記します。

「プレゼンテーション」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「プレゼンテーション」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

プレゼンテーションの意味

「プレゼンテーション」には次の意味があります。

・ 計画・企画案・見積もりなどを、会議で説明すること。(出典:デジタル大辞泉)

ビジネス用語として使われ始めましたが、昨今では教育機関でも使われるようになりました。プレゼンテーションはダラダラと説明するのではなく、目的を持って的確な企画案などを説明することを指します。プレゼンテーションの略語はプレゼン。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ろみひーのプレゼンテーションでICBMと軍事衛星が手に入ったのだ。
(出典:池上永一『レキオス』)

・これは何をプレゼンテーションするかというタイトルだけを書けばいい。
(出典:藤原和博『自分「プレゼン」術』)

・家でプレゼンテーションなどの仕事ができるようにと購入した、大型の机だ。
(出典:新津きよみ『女友達』)

プレゼンテーションの費用だけで、どのくらい掛るか見当もつかない。
(出典:半村良『およね平吉時穴道行』)

・僕は大森がプレゼンテーションして見せたあのゲームのことを思い出していた。
(出典:乾くるみ『リピート』)

類語

発表はっぴょう
意味:世間へ表向きにしらせること。多くの人々に明らかにすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

提出ていしゅつ
意味:書類・資料などを、ある場所、特に公(おおやけ)の場に差し出すこと。(出典:デジタル大辞泉)

提示ていじ
意味:差し出して見せること。(出典:デジタル大辞泉)

スピーチ
意味:会合の席などで、大勢を前にしてする話。談話。(出典:精選版 日本国語大辞典)

演説えんぜつ
意味:大勢の前で自分の意見や主張を述べること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました