プレシャスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

プレシャス

「プレシャスな時間」などのように使う「プレシャス」という言葉。

英語では「precious」と表記します。

「プレシャス」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「プレシャス」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

プレシャスの意味

「プレシャス」には次の意味があります。

・貴重な。大切な。高価な。(出典:デジタル大辞泉)

「プレシャス」の意味は、「うかつな扱いや無駄遣いなどができない」という意味です。英語では日常でも良く使用する表現なので、ドラマや映画を字幕で観る時は使われているかもしれません。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

プレシャスな時間を好きな仲間と過ごす。

プレシャスな存在であるパートナーと、共に時間を永く過ごすことに決めた。

・英語では貴重に想っている存在を「プレシャス」と呼ぶことがある。

類語

・貴重(きちょう)
意味:非常に大切なさま。得がたいものであるさま。(出典:デジタル大辞泉)

・高価(こうか)
意味:価値が高いこと。ねうちがあること。高い評価を受けること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・大切(たいせつ)
意味:丁寧に扱って、大事にするさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました