プライスレスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

プライスレス

「この景色はプライスレス」などのように使う「プライスレス」という言葉。

英語では「priceless」と表記します。

「プライスレス」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「プライスレス」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

プライスレスの意味

「プライスレス」には次の意味があります。

とても高価なこと。金では買えないようなこと。非常に貴重なこと。(出典:デジタル大辞泉)

「プライスレス」は人の感情や命など、お金では買えないようなことを表すときに使います。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・わたしはプライスレスな気持ちに包まれながら、ゆっくりと瞼を下ろした。
(出典:松野秋鳴『えむえむっ! 第5巻』)

・お金にばかり頼るのはよくないやらお金で買えないものにこそ価値があるやらプライスレスやら年下のくせにガミガミと偉そうに言ってくる。
(出典:松野秋鳴『えむえむっ! 第2巻』)

プライスレスな悦楽に悶絶しております。
(出典:松野秋鳴『えむえむっ! 第2巻』)

・すごい楽しいっ!この楽しさはプライスレスだわっ!あはははははははっ!
(出典:松野秋鳴『えむえむっ! 第2巻』)

・それに気づいたとき、わたしの頭の中に素晴らしいアイデアが閃いたわ!なんとゆーか、プライスレスなアイデアが!
(出典:松野秋鳴『えむえむっ! 第5巻』)

類語

貴重(きちょう)
意味:とうとびおもんじること。非常に大切にすること。(出典:デジタル大辞泉)

大切(たいせつ)
意味:もっとも必要であり、重んじられるさま。重要であるさま。(出典:デジタル大辞泉)

重要(じゅうよう)
意味:物事の根本・本質・成否などに大きくかかわること。きわめて大切であること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

(いのち)
意味:生物が生きていくためのもとの力となるもの。生命。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました