ブランディングとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ブランディング

「ブランディングに力を入れる」などのように使う「ブランディング」という言葉。

英語では「branding」と表記します。

「ブランディング」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ブランディング」の意味や使い方や類語について、用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ブランディングの意味

「ブランディング」には次の意味があります。

顧客や消費者にとって価値のあるブランドを構築するための活動。(出典:デジタル大辞泉)

企業などが競合他社が多数いる中で、自社と他社の差を明らかにし、ブランドとして消費者の目に留まりやすくするための活動を言います。
そのブランドの良さを消費者が信頼することで、購買意欲を高めること期待できます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・まずはブランディングを進めよう。

・いくらブランディングしても、実がなければ顧客はつかない。

・私たちはまるでブランディングされているようなもので、それが明確化されればされるほど自由を失っているのだろう。

スポンサーリンク

類語

イメージ
意味:心に思い浮かべる像や情景。ある物事についていだく全体的な感じ。心像。形象。印象。(出典:デジタル大辞泉)

レッテル
意味:商品名、商標、効能、用法、発売元などを記して商品にはりつけた紙片。(出典:精選版 日本国語大辞典)

コマーシャルメッセージ
意味:消費者に伝えたい、広告表現の意味、内容。(出典:精選版 日本国語大辞典)

キャッチコピー
意味:人の注意をひく広告文、宣伝文。(出典:デジタル大辞泉)

指針ししん
意味:物事を進めるうえでたよりとなるもの。参考となる基本的な方針。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました