フリークとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

フリーク

「ガジェットフリーク」などのように使う「フリーク」という言葉。

英語では「freak」と表記します。

「フリーク」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「フリーク」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

フリークの意味

「フリーク」には次の意味があります。

何かに熱狂している人。マニア。(出典:精選版 日本国語大辞典)

傾倒している物事がある人を指すスラングだが、その傾倒しているものが極めて珍しい時にも使用されます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そしてついにボール氏は一九九二年のアメリカを代表するゴルフ・フリークに選ばれたわけである。
(出典:山際淳司『ダブルボギークラブへようこそ』)

・こうしたフリークに対する女性の同情心というか、好奇心には男性以上の強いものがあるのは面白い現象である。
(出典:服部まゆみ『一八八八 切り裂きジャック』)

・でもおれたちを見ればフリークといいたくなるよ。
(出典:ディック/仁賀克雄訳『ウォー・ヴェテラン』)

・自分で言うのも何だが、こっちだって相当にフリークだ。
(出典:伊藤たかみ『指輪をはめたい』)

・夏だからせっせとダイエットフリークになるより素敵な恋を見つけに行こうよ。
(出典:梅田みか『愛人の掟1』)

類語

凝る(こる)
意味:ある物事に熱中して打ち込む。ふける。(出典:デジタル大辞泉)

こだわり
意味:こだわること。気にかけること。(出典:デジタル大辞泉)

偏執(へんしつ)
意味: かたよった考えをかたくなに守って他の意見に耳をかさないこと。(出典:デジタル大辞泉)

変態(へんたい)
意味:普通の状態と違うこと。異常な、または病的な状態。(出典:デジタル大辞泉)

マニアック
意味:ある事に極端に熱中しているさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました