フュージョンとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

フュージョン

「和と洋の絶妙なフュージョン」などのように使う「フュージョン」という言葉。

英語では「fusion」と表記します。

「フュージョン」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「フュージョン」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

フュージョンの意味

「フュージョン」には次の二つの意味があります。

1 融合。溶解。統合。
2 ジャズ・ロック・ラテン音楽など、ジャンルの異なる音楽を融合した音楽。クロスオーバー。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

フュージョンの意味①「融合。溶解。統合。」

「フュージョン」の一つ目の意味は「融合。溶解。統合。」です。

簡単に言うと、「溶けてひとつに混ざり合う、溶け合う、ひとまとめになる」ということです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・風間はLAFIファーストと精神レベルでのシンクロ能力、峰島勇次郎から与えられたエレクトロン・フュージョンのことは口にしない。
(出典:葉山透『9S<ナインエス> 第01巻』)

・フラメンコ・フュージョンの世界的スターのホアキン・コルテスのダンスは、情熱が爆発する激しいダンスで、無心で踊っているように見える。
(出典:齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』)

・おまけにこの会議にはコンピューター関係以外の記者もいろいろ来ていたようで、集英社ヤングジャンプ男は「二百二十万部の発行部数を誇る日本の若者文化のイニシャティブを取る我が偉大なる雑誌に、ズバリ、メッセージをよこしなさい、今すぐよこしなさい」と迫ったり、なかなか異文化フュージョン風で楽しかったのである。
(出典:富田倫生『青空のリスタート』)

・抹茶やあんこを取り入れた焼き菓子、プリンなどは和と洋がフュージョンしたスイーツと言える。

類語

融合(ゆうごう)
意味:とけあうこと。とけあって一つのものになること。(出典:デジタル大辞泉)

クロスオーバー
意味:異なる分野の物事を組み合わせて新しい物事を作り出すこと。(出典:デジタル大辞泉)

融和(ゆうわ)
意味:とけてまじりあうこと。また、とけ込んで調和すること。(出典:デジタル大辞泉)

コラボレーション
意味:合作。共同製作。また、協力。(出典:精選版 日本国語大辞典)

フュージョンの意味②「ジャズ・ロック・ラテン音楽など、ジャンルの異なる音楽を融合した音楽。クロスオーバー。」

「フュージョン」の二つ目の意味は「ジャズ・ロック・ラテン音楽など、ジャンルの異なる音楽を融合した音楽。クロスオーバー。」です。

「フュージョン」は音楽のジャンルのひとつです。1970年代にジャズの派生ジャンルとして発生したとされています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ロックだけでなく、ジャズやフュージョン系の曲も弾いていた。
(出典:川島誠『ロッカーズ』)

・ステージの上ではいつの間にか、バンドのメンバーが手持ち無沙汰な様子で、それぞれに勝手なフュージョンのようなものを始めていた。
(出典:樋口有介『彼女はたぶん魔法を使う』)

・スゥイングでもバップでもフュージョンでも何でもお構いなし。
(出典:藤田宜永『野望のラビリンス』)

・リラックスした大人びたサウンドで聞かせるフュージョンである。
(出典:山際淳司『スローカーブを、もう一球』)

類語

シャンソン
意味:フランスのポピュラーソング。人生の哀歓などを歌ったものが多く、歌手の個性的な表現が特色。(出典:デジタル大辞泉)

クロスオーバー
意味:ジャズ・ソウル・ロックなど、異なったジャンルの音楽の要素を交ぜて作り出した音楽。また、異なるジャンルの音楽の演奏家の共演。(出典:デジタル大辞泉)

テクノポップ
意味:コンピューター制御のシンセサイザーなどを用いたポピュラー音楽。無機質で均等なリズムが特徴。(出典:デジタル大辞泉)

ソウルミュージック
意味:リズムアンドブルースを主体にゴスペル音楽やジャズなどが融合した、現代アメリカ黒人の大衆音楽。ソウル音楽。ソウル。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました