フェミニズムとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

フェミニズム

「彼女はフェミニズムを主張している」などのように使う「フェミニズム」という言葉。

「フェミニズム」は、英語で「Feminism」と表記します。

「フェミニズム」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「フェミニズム」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

フェミニズムの意味

「フェミニズム」には次の二つの意味があります。

1 女性の社会的、政治的、経済的権利を男性と同等にし、女性の能力や役割の発展を目ざす主張および運動。
2 女性尊重主義(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

フェミニズムの意味①「女性の社会的、政治的、経済的権利を男性と同等にし、女性の能力や役割の発展を目ざす主張および運動。」

フェミニズムの一つ目の意味は「女性の社会的、政治的、経済的権利を男性と同等にし、女性の能力や役割の発展を目ざす主張および運動。」です。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

フェミニズムの人たちには叱られそうだが、私はずっと昔からそう考えてきた。(出典:柴門ふみ『恋愛の法則36』)

・ウーマンリブやフェミニズムといった運動が滅びたあとの新しい概念。(出典:川島誠『NR(ノーリターン)』)

・もちろんフェミニズムの影響は受けたが、彼女のなかで運動はおだやかに通過していった。(出典:アン・マキャフリー『恐竜惑星シリーズ(全2巻) 1 惑星アイリータ調査隊』)

・偏狭な倫理観をふりかざす一部のフェミニズムって、私、嫌いなのよ。(出典:篠田節子『女たちのジハード』)

類語

女性解放(じょせいかいほう)
意味:政治,経済,社会,文化,家族のあらゆる領域での性差別から,女性が解放されること。(出典:世界大百科事典)

フェミニスト
意味:男女同権論者。女権の拡張を主張する者。(出典:日本国語大辞典)

婦人参政権運動(ふじんさんせいけんうんどう)
意味:女性の政治的権利獲得をめざす運動。(出典:世界大百科事典)

フェミニズムの意味②「女性尊重主義」

「フェミニズム」の二つ目の意味は「女性尊重主義」です。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・だって、男なんだから、と。フェミニズムなんてものは杏にとってはどこか遠くの星の上のものだ。(出典:井上荒野『だりや荘』)

・彼のフェミニズムは、相手が美女のとき限定で発揮されるようだ。(出典:貴志祐介『硝子のハンマー』)

・西洋では不良男にもフェミニズムが染み込んでいるせいだろうか。(出典:岡本かの子『豆腐買い』)

・そしてその土壌は、今申しました一種のフェミニズムで彩られていたわけです。(出典:円地文子『源氏物語私見』)

類語

男女平等(だんじょびょうどう)
意味:男性と女性が、経済的、政治的、社会的、文化的に平等であり、それぞれに独立した人格である状態をさす。(出典:日本大百科全書)

ブルーストッキング
意味:女性作家や文学愛好者を軽蔑した呼び方として用いられる。(出典:百科事典マイペディア)

相対主義(そうたいしゅぎ)
意味:唯一絶対の視点や価値観から何ごとかを主張するのではなく,もろもろの視点や価値観の併立・共存を認め,それぞれの視点,価値観に立って複数の主張ができることを容認する立場をいう。(出典:世界大百科事典)

機会均等(きかいきんとう)
意味:ある特定の人に与えた待遇、権利を、他の人に対しても平等に与えること。(出典:四字熟語を知る辞典)

タイトルとURLをコピーしました