ファッションとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ファッション

「ファッションセンスを磨く」などのように使う「ファッション」という言葉。

英語では「fashion」と表記します。

「ファッション」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ファッション」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ファッションの意味

「ファッション」には次の意味があります。

流行。はやり。特に、流行に即した服装・髪型など。また、単に服装の意にも用いられる。(出典:デジタル大辞泉)

「おしゃれ、素敵」というニュアンスを含んでいます。
「ファッションセンスを磨く」は、「流行を敏感に感じ取って素敵な装いができるようにする」という意味です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ふと気がつくと彼女たちの話題はファッションに移行していた。
(出典:鮎川哲也『朱の絶筆』)

・以前から興味のあったファッション関係の雑誌スタッフの一員に採用された。
(出典:藤堂志津子『恋人たちの憂鬱』)

・話題の店ができると、話題の店の前に並ぶのが一種のファッションになったわけだ。
(出典:小池真理子『猫を抱いて長電話』)

・街の女たちがファッションとして取りいれると、なんだって急速に普及するのだ。
(出典:石田衣良『骨音 池袋ウエストゲートパーク3』)

・今日も、いつものように右手の薬指にファッションリングをはめている。
(出典:新津きよみ『女友達』)

スポンサーリンク

類語

流行(りゅうこう)
意味:世間に広く行われ、用いられること。服装・言葉・思想など、ある様式や風俗が一時的にもてはやされ、世間に広まること。はやり。(出典:デジタル大辞泉)

モード
意味:シーズンに先がけて作られたファッション。(出典:デジタル大辞泉)

装い(よそい)
意味:身なりを整えたり、身を飾ったりすること。また、その装束や装飾。(出典:デジタル大辞泉)

スタイル
意味:服飾・頭髪などの型。(出典:デジタル大辞泉)

ルック
意味:見ること。また、見たようす。特に、服装が、特定の雰囲気を持っていたり、ある型に似ていたりすること。他の語と複合して用いられることが多い。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました