ピンキリとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ピンキリ

「値段はピンキリだ」などのように使う「ピンキリ」という言葉。

「ピンキリ」は「ピンからキリまで」の略語です。

「ピンキリ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ピンキリ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ピンキリの意味

「ピンキリ」には次の意味があります。

最上のものから最低のものまで、いろいろあるさま。(出典:デジタル大辞泉)

この場合、「ピン」は最上のもの、「キリ」は最低のものを指します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ちなみに、一ページのデジタル紙芝居の制作費用はピンキリですが、学生アルバイトなら五〇〇〇円くらいから、プロでも二〜三万円からやってくれます。
(出典:藤原和博『自分「プレゼン」術』)

・ホットドッグだってピンキリなのよ?
(出典:鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第5巻』)

類語

良否りょうひ
意味:よいこととわるいこと。よしあし。(出典:精選版 日本国語大辞典)

甲乙こうおつ
意味:すぐれていることとおとっていること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

多種多様たしゅたよう
意味:種類が多く、さまざまであること。また、そのようなさま。(出典:デジタル大辞泉)

雑魚の魚交じりざこのととまじり
意味:小物が大物の中に交じっていること。能力にふさわしくない地位にいることなどのたとえ。(出典:デジタル大辞泉)

玉石混淆ぎょくせきこんこう
意味:よいものと悪いもの、また、すぐれたものとつまらないものとが混ざり合っていること。(出典:四字熟語を知る辞典)

タイトルとURLをコピーしました