パラドックスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

パラドックス

「奇妙なパラドックス」などのように使う「パラドックス」という言葉。

英語では、「paradox」と表記します。

「パラドックス」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「パラドックス」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

パラドックスの意味

「パラドックス」には次の意味があります。

一見、不合理であったり矛盾したりしていながら、よく考えると一種の真理であるという事柄。また、それを言い表わしている表現法。逆説。(出典:精選版 日本国語大辞典)

パラドックスを簡潔に言い表すと「逆説」という意味です。
「正しいと思えても正しくない」や「間違っていそうでも間違っていない」場合の表現方法として使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そのパラドックスについてはこの先ゆっくりと説明していくことにしよう。
(出典:竹内久美子『あなたの知らない精子競争 BCな世界へようこそ』)

・これは一つのパラドックスであり、非常に理解の困難なことである。
(出典:湯川秀樹『創造的人間』)

・ところがここに、このパラドックスを解決する理論がひとつあります。
(出典:筒井康隆『『筒井康隆100円文庫全セット』』)

・このパラドックスから生まれてきたのが、貿易摩擦という深刻な問題です。
(出典:李御寧『「縮み」志向の日本人』)

パラドックスというのは人間の理解が混乱しているだけで、真に存在はしないの。
(出典:池上永一『レキオス』)

類語

逆説(ぎゃくせつ)
意味:真理にそむいているようで、よく考えると一種の真理を言い表わしている表現法。(出典:デジタル大辞泉)

逆理(ぎゃくり)
意味:ある命題から正しい推論によって導き出されているようにみえながら、結論で矛盾をはらむ命題。(出典:デジタル大辞泉)

急がば回れ(いそがばまわれ)
意味:早く着こうと思うなら、危険な近道より遠くても安全確実な方法をとったほうが早く目的を達することができるというたとえ。(出典:デジタル大辞泉)

背理(はいり)
意味:道理にそむくこと。論理に反していること。(出典:デジタル大辞泉)

反語(はんご)
意味:断定を強調するために、言いたいことと反対の内容を疑問の形で述べる表現。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました