パラダイムシフトとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

パラダイムシフト

「時代のパラダイムシフト」などのように使う「パラダイムシフト」という言葉。

英語では「paradigm shift」と表記します。

「パラダイムシフト」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「パラダイムシフト」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

パラダイムシフトの意味

「パラダイムシフト」には次の意味があります。

ある時代・集団を支配する考え方が、非連続的・劇的に変化すること。(出典:デジタル大辞泉)

近年、新型コロナウイルス後の生活はまさしくパラダイムシフトのようになるという識者がいます。急速に進む非接触推奨の世界で、デジタルはその驚異的な力を発揮しています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・経済の枠組みを変えるパラダイムシフトにたまたま青春が重なっただけだと凪子はあまり過去を語りたがらない。
(出典:池上永一『シャングリ・ラ 下』)

・私とあなたが組めばパラダイムシフトを起こせます。
(出典:池上永一『シャングリ・ラ 下』)

・コロナ後の世界はパラダイムシフトを迎えるだろう。
(出典:)

・現代社会は一昔前なら全く想像もつかなかった事が、世界の常識になるパラダイムシフトを迎えようとしている。

・歴史上に登場する賢者たちはパラダイムシフトを恐れてはいけないと伝えている。

類語

・コペルニクス的転回(こぺるにくすてきてんかい)
意味:発想法を根本的に変えることによって、物事の新しい局面が切り開かれることをいう。(出典:デジタル大辞泉)

・革命(かくめい)
意味:物事が急激に発展・変革すること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました