バレンタインとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

バレンタイン

「バレンタインデー」などのように使う「バレンタイン」という言葉。

英語では「St. Valentine」と表記します。

「バレンタイン」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「バレンタイン」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

バレンタインの意味

「バレンタイン」には次の意味があります。

(Valentine Day) 二月一四日。三世紀頃ローマで殉教した聖バレンタインの祭日。愛の告白日とされ、女性が男性に愛を告白する日とされる。《季・春》(出典:精選版 日本国語大辞典)

バレンタインのお返しとして男性が女性へ送る日のことをホワイトデーと呼びます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・それに今日はバレンタインだから、みんな他人のことなんか気にしてないよ。
(出典:野村美月『文学少女シリーズ07 “文学少女”と神に臨む作家 上』)

・学生最後の年のバレンタインに、チョコレートをくれた一年生がいた。
(出典:鷺沢萠『海の鳥・空の魚』)

・今日の結果は、バレンタインとしてのアリサを全否定するものだった。
(出典:新堂冬樹『ブルーバレンタイン』)

・複雑な親子関係から逃れたと思ったら、次はバレンタイン前夜の告白だ。
(出典:喬林知『今日からマ王 第16巻 箱はマのつく水の底!』)

・例の一年生とは、先のバレンタイン企画で行われた宝探しの優勝者の一人である。
(出典:今野緒雪『マリア様がみてる 28 フレーム オブ マインド』)

類語

記念日(きねんび)
意味:記念すべき出来事のあった日。(出典:デジタル大辞泉)

アニバーサリー
意味:(ある出来事の)毎年の記念日。結婚記念日などにいう。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました