バナーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

バナー

「バナーが目につく」などのように使う「バナー」という言葉。

英語では「banner」と表記します。

「バナー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「バナー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

バナーの意味

「バナー」には次の意味があります。

インターネットのウェブページに貼られている細長い帯状の見出し画像。広告などに利用する。(出典:デジタル大辞泉)

英語の「banner」には「垂れ幕」「旗」といった意味があります。
「バナー広告」は「バナー」を利用した「インターネット広告」のことです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

バナー広告を利用して、多くの人の目につくようにする。

・Webサイトのバナーが気になり、クリックしてみた。

・戦士は一人、バナーを掲げ戦った。

スポンサーリンク

類語

ペナント
意味:細長い三角形の小旗。特に、大学や団体などの標章をつけたもの。(出典:デジタル大辞泉)

垂れ幕たれまく
意味:垂れ下げた幕。特に懸垂幕や横断幕のこと。(出典:デジタル大辞泉)

横幕よこまく
意味:緞子(どんす)、布などを横に縫い合わせて作った幕。(出典:精選版 日本国語大辞典)

のぼり
意味:細長い布の端につけた輪にさおを通し、立てて標識とするもの。軍陣・祭礼・儀式などに用いる。のぼりばた。(出典:デジタル大辞泉)

横断幕おうだんまく
意味:スローガンや主張などを書き、道路などを横断する形で、その上方に掲げる横長の幕。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました