バジェットとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

バジェット

「プロジェクトに関するバジェットを確認する」などのように使う「バジェット」という言葉。

英語では「budget」と表記します。

「バジェット」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「バジェット」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

バジェットの意味

「バジェット」には次の意味があります。

政府などの予算。予算案。また、特定の用途のための経費。(出典:デジタル大辞泉)

「プロジェクトに関するバジェットを確認する」は、「ある企画業務を進めるにあたって、どのくらいの予算が組まれているかを確認する」という意味です。また、もとの英単語の「budget」は形容詞的に使うと「安い」という意味があり、「バジェットトラベラー」といえば「低予算で旅行をする人」をさします。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・御社ではバジェットはいくらぐらいでお考えでしょうか?

・アンケートで要望の高かったシステム改善をしたいのはやまやまだが、どう考えてもバジェットが足りない。

・今回の旅行は一日中観光地をめぐるので、宿泊先はバジェットホテルで十分だ。

類語

予算(よさん)
意味:ある計画のために、あらかじめ必要な費用を見積もること。また、その金額。(出典:デジタル大辞泉)

経費(けいひ)
意味:ある物事を行なうのに必要な費用。(出典:精選版 日本国語大辞典)

予算案(よさんあん)
意味:内閣から国会に提出してまだその議決を得ていない予算の称。(出典:精選版 日本国語大辞典)

格安(かくやす)
意味:値段が普通より特に安いこと。品質に比べて値段の安いこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました