バイタリティとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

バイタリティ

「バイタリティに満ち溢れた人」などのように使う「バイタリティ」という言葉。

英語では「vitality」と表記します。

「バイタリティ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「バイタリティ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

バイタリティの意味

「バイタリティ」には次の意味があります。

いきいきとした力。さまざまな苦難や障害を乗り越えていくような力強さ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「バイタリティ」のイメージは、「生命力」や「不屈の精神」のような意味があります。ビタミン(vitamin)も「vita」とい文字が入っており、ビタミンは生命に必要不可欠なものであることから、関連性がうかがえます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・疲れを知らぬバイタリティで、今度は自らメンケン氏を調教し始めました。
(出典:酒見賢一『語り手の事情』)

・お前たちの底知れないバイタリティが銀河を活性化させることに。
(出典:山本弘『まだ見ぬ冬の悲しみも』)

・だが、老人の心からは、すでにそうしたバイタリティは失われているのだ。
(出典:貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』)

・とはいえ、内に秘めたバイタリティまでは、失ってはいませんけれどもね。
(出典:かんべむさし『かんちがい閉口坊』)

・抜群の力とそれ以上に積極的に自分をアピールするバイタリティが必要なのだ。
(出典:有沢まみず『いぬかみっ!09』)

類語

生命力(せいめいりょく)
意味:生きる力。生きぬく力。(出典:デジタル大辞泉)

活力(かつりょく)
意味:活動を生み出す力。元気よく動いたり働いたりする力。(出典:デジタル大辞泉)

エネルギー(energy)
意味:物事をなしとげる気力・活力。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました