バイオレンスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

バイオレンス

「バイオレンスを題材にした作品が多い」などのように使う「バイオレンス」という言葉。

英語では「violence」と表記します。

「バイオレンス」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「バイオレンス」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

バイオレンスの意味

「バイオレンス」には次の二つの意味があります。

1 激しさ。強烈さ。
2 暴力。暴行。(出典:)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

バイオレンスの意味①「激しさ。強烈さ。」

「バイオレンス」の一つ目の意味は「激しさ。強烈さ。」です。

バイオレンスは勢いが大変強い事や、度を過ぎている事を表しています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・なかなかバイオレンスな組み合わせだな。
(出典:榊涼介『ガンパレード・マーチ 5-5121小隊 episode TWO』)

・そのルヴィア嬢と知り合ったコトで、遠坂のバイオレンス値が大幅にあがったようだ。
(出典:奈須きのこ『Fate/hollow ataraxia 本編のみ ver1.00ルビあり』)

・精神医学的な理論とバイオレンスな感性を融合した作品である。

・当初はキャッチコピーのとおりハードかつバイオレンスな作風であったが、途中からは脇役をメインとしたコミカルなエピソードも増えていく。

類語

・暴状
意味:無法で乱暴なありさま。(出典:デジタル大辞泉)

・乱暴
意味:道理を無視して、荒々しい振る舞いをすること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

・暴悪
意味:乱暴で道理を無視していること。 また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

・狂暴
意味:狂ったようにあばれること。また 、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

バイオレンスの意味②「暴力。暴行。」

「バイオレンス」の二つ目の意味は「暴力。暴行。」です。

バイオレンスは乱暴な力、行為を表しています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・これを機会にバイオレンスやポルノの規制を厳しくするべきだという声。
(出典:宮部みゆき『模倣犯-下』)

・この前のバイオレンスの続きを、今夜こそ広い公園で繰り広げてやるのだ。
(出典:滝本竜彦『NHKにようこそ!』)

・前述したように、この本の中には、オカルトもバイオレンスもない。
(出典:夢枕獏『風果つる街』)

バイオレンス そして最後に俺と山崎は、六畳一間で格闘することにした。
(出典:滝本竜彦『NHKにようこそ!』)

類語

・暴力
意味:乱暴な力・行為。不当に使う腕力。(出典:デジタル大辞泉)

・乱暴
意味:道理を無視して、荒々しい振る舞いをすること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

・暴挙
意味:乱暴な振る舞い。不法な行動。無謀な企て 。(出典:デジタル大辞泉)

・ゲバルト
意味:主に学生運動で、暴力的 手段をもってする闘争。ゲバ。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました