ハッシュタグとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ハッシュタグ

「ハッシュタグをリツイートする。」などのように使う「ハッシュタグ」という言葉。

英語では「Hashtag」と表記します。

「ハッシュタグ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ハッシュタグ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ハッシュタグの意味

「ハッシュタグ」には次の意味があります。

頭にハッシュマークと呼ばれる「#」を付けた英数字の文字列を含めることにより、投稿内容にタグ付けを行うこと。(出典:Wisdomビジネス用語辞典)

SNS上では、「ハッシュタグ」を付けることによって、検索順位を上げることができたり、検索がヒットしやすかったりと様々なメリットがあります。その他には、リアルタイムでハッシュタグに関する投稿もできます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・何気なく載せたハッシュタグがバズった。

・番組が指定したハッシュタグを付けて番組放送中にツイートすると、番組内でコメントとして取り扱われることがある。

・2007年にツイッターで初めてハッシュタグが使用された。

類語

SNS(エス・エヌ・エス)
意味:ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略で、人と人とのつながりを支援するインターネット上のサービス。(出典:朝日新聞掲載「キーワード」)

Twitter(ツイッター)
意味:ユーザーが「つぶやき」と呼ばれる140字以内の短い記事を書き込み、ほかのユーザーがそれを読んだり、返信をすることでコミュニケーションが生まれるインターネット上のサービス。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

キーワード
意味:データベースなどでの検索で使われる検索条件の単語のことを指す。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

タイトルとURLをコピーしました