ノワールとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ノワール

「ノワール映画」などのように使う「ノワール」という言葉。

フランス語で「Noir」と表記します。

「ノワール」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ノワール」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ノワールの意味

「ノワール」には次の意味があります。

・黒。暗黒。ノアールとも(出典:デジタル大辞泉)

「黒色」の他「不正」や「裏」などの悪い意味で使われることが多いです。
「ノワール映画」は、社会の裏側や犯罪を描く暗い映画を指します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

ノワールの使い方・例文

ノワール小説を読むと、気が滅入る。

・社会の裏側を描き出すノワール映画。

・黒猫の名前を「ノワール」にした。

類語

・黒(くろ)
意味:色名の一つ。英名はブラック(black)。JISの色彩規格では、そのまま「黒」。(出典:講談社)

・暗色(あんしょく)
意味:それぞれの色で、明るさの度合いが低く、暗い感じのするもの。(出典:デジタル大辞泉)

・ダーク(だーく)
意味:暗いこと。黒みがかっていること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

・墨色(すみいろ)
意味:書いたり染めたりした墨の色合い。ぼくしょく。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました