ノウハウとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ノウハウ

「仕事のノウハウ」などのように使う「ノウハウ」という言葉。

「ノウハウ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ノウハウ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ノウハウの意味

「ノウハウ」には次の意味があります。

ある専門的な技術やその蓄積のこと。(出典:デジタル大辞泉)

分かりやすくいうと、技術や経験のことを指しています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・それ以上にトヨタの生産方式と工場運営のノウハウを得ることが出来る。
(出典:佐藤正明『トヨタ・GM 巨人たちの握手』)

・過去に積み上げてきたデータもノウハウも全部、無駄だったことになる。
(出典:梅原克文『カムナビ(上)』)

・だがそこまでの資金やノウハウといったものは、友彦たちにはなかった。
(出典:東野圭吾『白夜行』)

・テレビでも、脳についての情報やノウハウを扱う番組が増えています。
(出典:茂木健一郎『「脳」整理法』)

・コンピュータも経営のノウハウも、すべて会社が提供するというのだ。
(出典:黒沼克史『援助交際』)

類語

技能(ぎのう)
意味:あることを行うための技術的な能力。うでまえ。(出典:デジタル大辞泉)

技術(ぎじゅつ)
意味:物事を取り扱ったり処理したりする際の方法や手段。また、それを行うわざ。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました