ニッチとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ニッチ

「ニッチな産業」などのように使う「ニッチ」という言葉。

英語では「niche」と表記します。

「ニッチ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ニッチ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ニッチの意味

「ニッチ」には次の意味があります。

市場で、大企業が進出しない小規模な分野。また一般に、普通には気づきにくいところ。(出典:デジタル大辞泉)

「ニッチ」はビジネス用語として使われることが多いですが、それ以外にも生物学などの分野でよく使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・父親がツテでいろいろなところに声をかけてくれているけれど、やりたいこと自体がニッチだからなあ。俺自身に実績があるわけでもないし。
(出典:林亮介『和風Wizardry純情派 2』)

ニッチを狙った商品作りは、確かに当たった。
(出典:佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』)

・合併や資本提携などの企業統合の動きは今後一段と加速され、十年後には年間五百万台から一千万台売れる巨大グループと百万台から二百万台売るニッチメーカーに整理されるだろう。
(出典:佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』)

・ホンダはニッチメーカーからの脱却、量産メーカーを目指し始めた。もう一つの理由は販売からの要請である。
(出典:佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』)

・最初にニッチといわれた市場を開拓して、流行の主流に押し上げ、モデルチェンジを重ねるごとにブランドを定着させ、量産車に変えてきたところにホンダの真骨頂があった。
(出典:佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』)

類語

マイナー
意味:あまり知られていないさま。有名でないさま。(出典:デジタル大辞泉)

マニアック
意味:ある事に極端に熱中しているさま。(出典:デジタル大辞泉)

インディーズ
意味:手の系列に入らず、自主制作している音楽会社や映画会社。また、その作品。(出典:デジタル大辞泉)

地味(じみ)
意味:性質や物の考え方・生活態度などが、飾り気がなくて控え目なこと。また、そのさま。質素。(出典:デジタル大辞泉)

特殊(とくしゅ)
意味:限られた範囲のものにしかあてはまらないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました