ナーバスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ナーバス

「試験前はナーバスになる」などのように使う「ナーバス」という言葉。

英語では、「nervous」と表記します。

「ナーバス」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ナーバス」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ナーバスの意味

「ナーバス」には次の意味があります。

神経質なさま。神経過敏なさま。(出典:デジタル大辞泉)

「ナーバスな気分」「あの人はナーバスになっている」のように、人の心情に対して使われる場合が多いです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・家内や子供たちがナーバスになるから、できたら、放っておきたいが。
(出典:高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(下)』)

・さっきまでのナーバスな正史は、どこへ行ってしまったのだろう。
(出典:田中康夫『スキップみたい、恋みたい』)

・ことにジャイアンツとの試合になると、かれはナーバスになった。
(出典:山際淳司『男たちのゲームセット』)

・客から怒鳴りつけられたわけでもないのに、どうしてこれほどナーバスになっているのだろう。 
(出典:貴志祐介『黒い家』)

ナーバスになってしまっている僕は、簡単に寝つけないのだ。周囲が気になる。
(出典:江川卓『たかが江川されど江川』)

類語

神経質(しんけいしつ)
意味:外界からの刺激や環境の変化、身体の変調に対し過敏に反応を起こしやすい素質。(出典:精選版 日本国語大辞典)

過敏(かびん)
意味:刺激に対して過度に敏感なこと。(出典:デジタル大辞泉)

気難しい(きむずかしい)
意味:我が強かったり神経質であったりして扱いにくい。(出典:デジタル大辞泉)

ノイローゼ
意味:神経症ともいう。(出典:栄養・生化学辞典)

デリケート
意味:感受性が強く、繊細なさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました