ナマステとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ナマステ

「みなさんナマステ」などのように使う「ナマステ」という言葉。

サンスクリット語では「नमस्ते」と表記します。

「ナマステ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ナマステ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ナマステの意味

「ナマステ」には次の意味があります。

あいさつに用いる語。おはよう。こんにちは。こんばんは。(出典:デジタル大辞泉)

「ナマステ」はインドの挨拶で、朝・昼・夜・すべてで使える万能な挨拶となっております。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・「ナマステ」 深町も同じ挨拶を返し、ふたりに背を向けた。
(出典:夢枕獏『神々の山嶺 下』)

・ひとつ、深く息を吸い込んで、深町は女に向かって足を踏み出した。女の横に立って、 「ナマステ」 声をかけた。
(出典:夢枕獏『神々の山嶺 下』)

・新しく入ってくる村人たちは、必ずラマの前に出て、みんな同じように、 「ナマステ」 と頭を下げると、ラマはその頭に手を触れた。
(出典:植村直己『エベレストを越えて』)

・道で会う村人には知った顔もいたし、一度も話したことのない者もいたが、私が誰にでも親しげに「ナマステ」と声をかけるので、田村隊員などは、 「おい、いつの間に顔を売りこんだんだ」 と不思議がり、いよいよ私は得意だった。
(出典:植村直己『エベレストを越えて』)

・「ナマステ」 マニ・クマールが、合掌してそう挨拶した。
(出典:夢枕獏『神々の山嶺 上』)

類語

今晩は(こんばんは)
意味:夜、人に会ったり、他家を訪問した際などにいうあいさつの語。(出典:デジタル大辞泉)

こんにちは
意味:昼間、人に会ったり訪ねたりした時の挨拶語。(出典:とっさの日本語便利帳)

御早う(おはよう)
意味:朝、会ったときのあいさつの語。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました