デリカシーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

デリカシー

「デリカシーがない人」などのように使う「デリカシー」という言葉。

「デリカシー」は、英語で「delicacy」と表記します。

「デリカシー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「デリカシー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

デリカシーの意味

「デリカシー」には次の意味があります。

感情、心配りなどの繊細さ。微妙さ。(出典:デジタル大辞泉)

無神経であったり、配慮のない言動を指し「デリカシーがない」と形容します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

デリカシーのある男性なら、そんなことは面とむかって口にしないものだ。
(出典:橘香いくの『ブランデージの魔法の城1 魔王子さまの嫁取りの話』)

・クラフトの性格でもっとも強い特徴の一つはデリカシーであった。
(出典:ドストエフスキー/工藤精一郎訳『未成年(上)』)

・ああいやだいやだ、こんなデリカシーのない女は本当にいやだ!
(出典:竹宮ゆゆこ『わたしたちの田村くん 第02巻』)

・質問の一つ一つにも、相手の立場や心情を考慮したデリカシーが行き届いている。
(出典:森村誠一『日本アルプス殺人事件』)

・人生には天衣無縫であり、かつ日常ではデリカシーを発揮する。
(出典:松平維秋『松平維秋の仕事』)

類語

配慮(はいりょ)
意味:心をくばること。心づかい。(出典:デジタル大辞泉)

モラル
意味:道徳。倫理。また、人生・社会に対する精神的態度。 (出典:大辞林 第三版)

気遣い(きづかい)
意味:気をつかうこと。心づかい。配慮。 (出典:大辞林 第三版)

繊細(せんさい)
意味:感情などがこまやかなこと。また、そのさま。デリケート。(出典:デジタル大辞泉)

心配り(こころくばり)
意味:気をつかうこと。気づかい。心づかい。配慮。 (出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました