ディレクションとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ディレクション

「ディレクションを担当する」などのように使う「ディレクション」という言葉。

英語では、「direction」と表記します。

「ディレクション」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ディレクション」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ディレクションの意味

「ディレクション」には次の意味があります。

指導。管理。監督。演出。指揮。(出典:デジタル大辞泉)

ディレクションは、他の意味でも使われる場合がありますがほとんどがこの意味です。
ビジネスでは、管理・指導・指揮として使われ、芸術分野では、演出という意味で使われることが多いです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・石岡瑛子のディレクションは過激さの魅惑を放ちながら、「女の主体化」を訴えていた。
(出典:内田隆三『社会学を学ぶ』)

・ナルホド、あの二人のディレクションか。
(出典:五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第12巻』)

・彼女の提案とディレクションでこの本はできあがりました。
(出典:鷲田清一『てつがくを着て、まちを歩こう ―ファッション考現学』)

・シナリオ、原画、ディレクションを担当した

類語

監督(かんとく)
意味:取り締まったり、指図をしたりすること。(出典:デジタル大辞泉)

指揮(しき)
意味:全体がまとまりをもって動くよう、人の上に立って指図をすること。(出典:デジタル大辞泉)

管理(かんり)
意味:全体を統制すること。(出典:デジタル大辞泉)

指南(しなん)
意味:武術・芸能などを教え示すこと。(出典:デジタル大辞泉)

演出(えんしゅつ)
意味:演技・装置・照明・音響などの表現に統一と調和を与える作業。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました