チーターとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

チーター

「チーターのいるマッチ」などのように使う「チーター」という言葉。

「チーター」は、「チート(cheat)を行う者」という意味です。

「チーター」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「チーター」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

チーターの意味

「チーター」には次の意味があります。

チーターとは、コンピュータゲームの分野においては「チート行為に手を出すユーザー(アカウント)」のことである。(出典:IT用語辞典バイナリ)

「チーター」をわかりやすく言うと「ゲームで不正をするユーザー」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

チーターがBANされた。

・エイムが良すぎてチーターを疑われた。

・チームにチーターが紛れ込んでいて失格になった。

チーターが運営会社に訴えられた。

チーターを報告する。

類語

ハック
意味:コンピューターのプログラムを書くこと。プログラムと取り組むこと。また、俗に、コンピューターシステムに不正に侵入すること。(出典:デジタル大辞泉)

ハッカー
意味:コンピューターの知識を最大限活用して楽しむ人,という意味の隠語として,1960年代,米国マサチューセッツ工科大学の学生たちの間で生まれた言葉。(出典:百科事典マイペディア)

クラック
意味:コンピューターやネットワークシステムに不正にアクセスし、データを盗んだり破壊したりすること。(出典:デジタル大辞泉)

クラッキング
意味:システム上またはネットワーク上で権限を越えた行為を意図的に行うこと。(出典:情報セキュリティ用語辞典)

不正アクセス(ふせいあくせす)
意味:インターネットから公開サーバーを攻撃したり、社内LANに不正に侵入する、クラッキング行為。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

タイトルとURLをコピーしました