チョコレートとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

チョコレート

「おやつにチョコレートを食べる」などのように使う「チョコレート」という言葉。

英語では「chocolate」と表記します。

「チョコレート」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「チョコレート」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

チョコレートの意味

「チョコレート」には次の意味があります。

カカオ豆を原料にした菓子および飲料。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

カカオ豆をペースト状にしたものに、砂糖や脂肪分を加えた菓子や、一般的にココアを呼ばれる飲料のことを指します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・女はあのチョコレートを食べているうちに、苦しみ出したにちがいない。
(出典:横溝正史『金田一耕助全集 [金田一耕助ファイル13] 横溝正史 「三つ首塔」 v0.9』)

・この皿には十五個の黒いチョコレートと、一個のホワイトチョコがある。
(出典:松岡圭祐『千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮』)

チョコレートを食べるのなんて何年ぶりかなと思い、その後で思い出した。
(出典:東野圭吾『秘密』)

・その晩私は初めからチョコレートを飲んでやろうと思っていたのだ。
(出典:豊島与志雄『蠱惑』)

・当時としては珍しい外国のチョコレートをたくさん土産に持ってきた。
(出典:浅野誠『ビジネスマンの精神病棟』)

類語

ココア
意味:カカオの実を炒(い)り、皮を取ったものを粉にしたもの。また、それを湯にとかした飲料。(出典:精選版 日本国語大辞典)

クリーム
意味:菓子などを作るのに用いる、やわらかい、白色の脂肪。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ビターチョコレート
意味:ミルクの少ない苦味の強いチョコレート。(出典:デジタル大辞泉)

ホット・チョコレート
意味:温めたミルクにチョコレートを溶かした飲み物。(出典:デジタル大辞泉)

ショコラ
意味:チョコレート。ココア。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました