タイトとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

タイト

「タイトなスケジュール」などのように使う「タイト」という言葉。

英語では「tight」と表記します。

「タイト」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「タイト」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

タイトの意味

「タイト」には次の三つの意味があります。

1 きついこと。かたくしっかりしていること。ぴったりと密着していること。
2 商品の需要供給の関係が逼迫(ひっぱく)していること。
3「タイトスカート」の略。
(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

タイトの意味①「きついこと。かたくしっかりしていること。ぴったりと密着していること。」

「タイト」の一つ目の意味は「きついこと。かたくしっかりしていること。ぴったりと密着していること。」です。

「タイトなスーツ」や「タイトなジーンズ」など、ぴったりしたような状態のことを意味します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・服は白いタイトなワンピースにしようと、シャワーしながら決めていた。
(出典:藤堂志津子『藤堂志津子 恋愛傑作選』)

・ タイトな黒いスーツに身を包み、豊かな髪は黒い炎のようだ。
(出典:大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ ポリ黒02 サイレント・ブラック』)

・白くてタイトなチャイナ服風の教育係が、我が事のような心配顔で走ってくる。
(出典:喬林知『今日からマ王 第01巻 今日からマのつく自由業!』)

類語

ぴったり
意味:すきまなくくっつくさま、また、一面にまといつくさまを表わす語。(出典:精選版 日本国語大辞典)

密着(みっちゃく)
意味:ぴったりと付くこと。すきまなく付着していること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

きつい
意味:物理的にすき間がない。ゆるみがない。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトの意味②「商品の需要供給の関係が逼迫(ひっぱく)していること。」

「タイト」の二つ目の意味は「商品の需要供給の関係が逼迫(ひっぱく)していること。」です。

「需要がタイトに推移する」など、主にビジネスで使用されます。ここでの意味は、品薄状態に推移していると考えられます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・需要がタイトに推移する。

・商品の需要要求の関係がタイトだ。

・ストックがタイトになっていきている。

類語

逼迫(ひっぱく)
意味:行き詰まって余裕のなくなること。事態が差し迫ること。(出典:デジタル大辞泉)

品薄(しなうす)
意味:需要に対して、商品の供給が不足していること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトの意味③「タイトスカートの略。」

「タイト」の三つ目の意味は「「タイトスカート」の略。」です。

ここでの「タイト」という言葉は、状態を指すのではなく、そのもの自体の名詞の事です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・時を同じくして、街からタイト・ミニ・スーツのOLさんも消えた。
(出典:柴門ふみ『四十雀の恋もステキ』)

・男はタイト・ミニにロマンを求めるんだからと、私が捜査官であったら、経営者にこのように諭したことであろう。
(出典:柴門ふみ『四十雀の恋もステキ』)

・女の子は上下共真っ白のスーツを着ていて、スカートの方はというとタイトのミニだった。
(出典:田中哲弥『さらば愛しき大久保町』)

類語

タイトスカート
意味:腰の部分から裾まで、からだに密着した形のスカート。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました