センシュアルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

センシュアル

「センシュアルな香り」などのように使う「センシュアル」という言葉。

英語では、「sensual」と表記します。

「センシュアル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「センシュアル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

センシュアルの意味

「センシュアル」には次の意味があります。

肉感的であるさま。官能的。(出典:デジタル大辞泉)

香水などで「センシュアルな香り」と表現されている場合は、「官能的な香り」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・寧ろセンシュアルな感じの強い、立派に発育した青年である。背も私に比べると、確に五分は高いらしい。
(出典:芥川竜之介『上海游記』)

・か細い体型と変声期の最中のような影の深い声は、やはり異様にセンシュアルなのだ。
(出典:松浦理英子『優しい去勢のために』)

・呼吸づまるほどセンシュアルな魅力を私に感じさせた。
(出典:堀辰雄『風立ちぬ』)

・ほっそりして清潔で神秘的だし、とてもセンシュアルだ。
(出典:森瑤子『情事・誘惑』)

・なんとなくしまりの悪い口元のあたりにセンシュアルな影がある。
(出典:寺田寅彦『映画雑感(II)』)

類語

官能的(かんのうてき)
意味:性的感覚をそそるさま。(出典:デジタル大辞泉)

セクシー
意味:性的魅力のあるさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

肉感的(にっかんてき)
意味:性欲をそそるさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

グラマラス
意味:魅惑的なさま。(出典:デジタル大辞泉)

触れなば落ちん風情(ふれなばおちんふぜい)
意味:ちょっと誘えば、意に従いそうな女性のようす。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました