ステマとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ステマ

「ステマ投稿」などのように使う「ステマ」という言葉。

「ステマ」は「ステルスマーケティング」の略で、英語では「stealth marketing」と書きます。

「ステマ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ステマ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ステマの意味

「ステマ(ステルスマーケティング)」には次の意味があります。

・宣伝であることを隠した宣伝。例えば、記事の中にもぐり込ませた広告、テレビドラマの中に特定の商品が繰り返し出てくる行為、記事に見せかけた広告、報酬を払って良いうわさを流してもらう行為など。(出典:デジタル大辞泉)

宣伝していることを隠しながら行う宣伝のことで、レストランでのレビューや芸能人のステマ投稿が度々問題になることがあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

ステマはコンプライアンスに違反している。

・複数の芸能人がステマ投稿をしていたようだ。

・ペニーオークションの詐欺はステマによるものであった。

・一時期、ステマが社会問題になった。

類語

・偽客(さくら)
意味:客の購買意欲をそそるため、客のふりをして品物を褒めたり、高く買い物をする仲間。(出典:語源由来辞典)

・やらせ
意味:マス・コミュニケーションにおいて,過度な演出・演技などによって虚偽の事実を表現しているにもかかわらず,それを隠し,あたかも事実に即しているかのようにみせること。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

・アンダーカバーマーケティング
意味:表だってマーケティング活動の一環であるとは知られないように(隠密裡に)行われる販促・宣伝活動のことである。(出典:Weblio 辞書)

・バイラルマーケティング
意味:個人間の口コミを利用した宣伝手法。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました