ジョーカーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ジョーカー

「ジョーカーカード」などのように使う「ジョーカー」という言葉。

英語では、「joker」と表記します。

「ジョーカー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ジョーカー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ジョーカーの意味

「ジョーカー」には次の二つの意味があります。

1 しゃれや冗談をいつも言う人。道化者。
2 トランプで、道化師の絵などが描いてある番外の札。最高の切り札、または手元にない札の代用として使う。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

ジョーカーの意味①「しゃれや冗談をいつも言う人。道化者。」

「ジョーカー」の一つ目の意味は「しゃれや冗談をいつも言う人。道化者。」です。

ピエロのように人を笑わせる冗談をいう道化者のことをいいます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ジョークを言う人、まんだんさんはジョーカーなんだ。
(出典:藤ダリオ『出口なし』)

・白亀は、眉間と口の両端を上げて、ジョーカーの笑みを浮かべた。
(出典:霞流一『フォックスの死劇』)

・ニコルソンが『バットマン』の悪役ジョーカーを演ずると聞いても、誰も驚かなかった。
(出典:柴門ふみ『男性論』)

・この場において彼女の存在は限りなくジョーカーだろう。
(出典:鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第02巻』)

類語

戯け者(おどけもの)
意味:ばかげたことをする人。(出典:デジタル大辞泉)

滑稽家(こっけいか)
意味:滑稽な言動をする人。(出典:デジタル大辞泉)

道化師(どうけし)
意味: こっけいな芸を演じる人。(出典:デジタル大辞泉)

道化方(どうけがた)
意味:歌舞伎の役柄の一つ。(出典:デジタル大辞泉)

ジョーカーの意味②「トランプで、道化師の絵などが描いてある番外の札。最高の切り札。」

「ジョーカー」の二つ目の意味は「トランプで、道化師の絵などが描いてある番外の札。最高の切り札、または手元にない札の代用として使う。」です。

トランプゲームでの役割から、人や物に対しても切り札・万能札という意味で使われる場合があります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・これに一枚のジョーカーが加わって、ひと組のカードが構成されている。
(出典:泡坂妻夫『11枚のトランプ』)

・ゲームでは、ジョーカーを最後まで握っていた者は負けだ。
(出典:今野緒雪『マリア様がみてる 16 バラエティギフト』)

・誰もが、校内最強のジョーカーが助けにきてくれたと信じていた。
(出典:竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 05 目明し編TIPS&おまけ』)

・トランプのカードはジョーカーをふくめて五十三枚がふつうである。
(出典:横溝正史『金田一耕助ファイル16 悪魔の百唇譜 v0.9』)

類語

切り札(きりふだ)
意味:とっておきの最も有力な手段。(出典:デジタル大辞泉)

奥の手(おくのて)
意味:最後の手段。(出典:デジタル大辞泉)

ワイルドカード
意味:トランプなどで、他のカードの代用となる特別なカード。(出典:デジタル大辞泉)

頼みの綱(たのみのつな)
意味:頼りにしてすがる人や物を綱にたとえていう語(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました