ジェルネイルとは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ジェルネイル

女性のおしゃれの定番ネイル。近年では男性の身だしなみとしてケアする方が増えてきています。

この記事では「ジェルネイル」の意味や使い方について、小説などの用例を紹介しながら、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ジェルネイルの意味

ジェルネイルには次の意味があります

ネイルアートの一。ジェル状の樹脂を爪に塗り、紫外線をあてて固めるもの。濡れているような、つやのある質感に仕上がる。(出典:デジタル大辞泉)

使い方・例文

・当時はまだジェルネイルがないために加工に時間がかかっていたが、それでも己の美のために待つ労力も惜しまなかった。

・JNA認定講師は、JNA講師会のメンバーとして協会の目的のために、イベント実行委員、ネイリスト技能検定試験やJNAジェルネイル技能検定試験の試験官、コンテストの審査員、関係セミナーを担当すること、および、自らの意思により活動し貢献することが求められる。

・メロン記念日時代は「セクシー担当」として、セクシーさを前面に出す言動が多かった。 特技は和太鼓演奏、書道、ジェルネイルなど。 愛猫「メル」をこよなく愛し、MELON LOUNGEブログ等にも度々登場させている。

タイトルとURLをコピーしました