ショップとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ショップ

「ショップに立ち寄る」などのように使う「ショップ」という言葉。

英語では「shop`」と表記します。

「ショップ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ショップ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ショップの意味

「ショップ」には次の意味があります。

店。商店。小売店。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「ショップ」はおもに語素的に用いられています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・黙ってかれをコーヒー・ショップの中へ放りこんでしまうべきなんだ。
(出典:ハインライン『地球の緑の丘』)

・近くのビデオショップの店員に顔をおぼえられ、不審の目を向けられた。
(出典:森村誠一『殺人の組曲』)

・耳障りな音は、二十メートルほど離れたソフトショップから聞こえていた。
(出典:桜坂洋『よくわかる現代魔法 第1巻』)

・この辺りのチャリティショップでうちは一番の成績を出してるわ。
(出典:井形慶子『ときどきイギリス暮らし』)

・近所の主婦友達の一人が、駅前商店街でリサイクル・ショップを始めた。
(出典:柴門ふみ『四十雀の恋もステキ』)

類語

店舗てんぽ
意味:商品をならべて売るための建物。(出典:精選版 日本国語大辞典)

店屋みせや
意味:商店。みせ。 (出典:デジタル大辞泉)

ストア
意味:店、商店の意。多く、多種の商品を扱う小売店の名の一部として用いられる。(出典:精選版 日本国語大辞典)

売店ばいてん
意味:物を売る店。特に駅、劇場、病院などの施設の中にあって商品を売る店をいう。(出典:精選版 日本国語大辞典)

みせ
意味:商品を陳列して売る場所。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました