シュリンクとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

シュリンク

「規模を徐々にシュリンクしていく」などのように使う「シュリンク」という言葉。

英語では「shrink」と表記します。

「シュリンク」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「シュリンク」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

シュリンクの意味

「シュリンク」には次の意味があります。

縮むこと。萎縮すること。(出典:デジタル大辞泉)

「規模を徐々にシュリンクしていく」で「規模を少しずつ縮小していく」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・朝比奈は、シュリンクパックされた封を切って、さっそくその本を開いてみた。
(出典:吉村達也『観音信仰殺人事件』)

・まとめてシュリンクされている。
(出典:橋本紡『半分の月がのぼる空5』)

・つまり、ここで、 「最初から相手がシュリンクしちゃうような高いお店には、連れて行かないほうがいい」 というチャートが、できる。
(出典:田中康夫『恋愛自由自在』)

・画像がしゅっと小さなアイコンにシュリンクされ、視界が回復してからも、ハルユキは愕然と能美の顔を凝視し続けた。
(出典:川原礫『アクセル・ワールド 第3巻 -夕闇の略奪者』)

類語

縮小(しゅくしょう)
意味:縮まって小さくなること。また、縮めて小さくすること。(出典:デジタル大辞泉)

圧縮(あっしゅく)
意味:物質に圧力を加えて容積を縮小すること。圧搾。(出典:デジタル大辞泉)

萎縮(いしゅく)
意味:しぼんでちぢむこと。また、元気がなくなること。(出典:デジタル大辞泉)

縮む(ちぢむ)
意味:間が詰まったり中身が減ったりして、長さや面積・容積などが短くなったり小さくなったりする。(出典:デジタル大辞泉)

減少(げんしょう)
意味:減って少なくなること。また、減らして少なくすること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました