サービスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

サービス

「アフターサービス」などのように使う「サービス」という言葉。

英語では「servise」と表記します。

「サービス」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「サービス」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

サービスの意味

「サービス」には次の四つの意味があります。

1 人のために力を尽くすこと。
2 商売で、客をもてなすこと。また、顧客のためになされる種々の奉仕。
3 商売で、値引きしたり、おまけをつけたりすること。
4 運輸・通信・商業など、物質的財貨を生産する過程以外で機能する労働。
(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

サービスの意味①「人のために力を尽くすこと。」

「サービス」の一つ目の意味は「人のために力を尽くすこと。」です。

「家族サービス」や「サービス精神」などの場合はこの意味です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・日曜まで車の運転をして家族サービスなどする必要はないではないか。
(出典:遠藤周作『ぐうたら愛情学』)

・彼女としては最大限のサービス精神を発揮しているつもりなのだろう。
(出典:東野圭吾『幻夜』)

スポンサーリンク

類語

・尽力(じんりょく)
意味:ある目的の実現のために、力を尽くすこと。(出典:デジタル大辞泉)

献身(けんしん)
意味:他人やある物事のために、わが身を犠牲にして尽くすこと。(出典:デジタル大辞泉)

奉仕(ほうし)
意味:利害を離れて国家や社会などのために尽くすこと。(出典:デジタル大辞泉)

サービスの意味②「商売で、客をもてなすこと。」

「サービス」の二つ目の意味は「商売で、客をもてなすこと。」です。

「アフターサービス」や「ルームサービス」などの場合はこの意味です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・最近はそこまではしませんが、ホテルのサービスはかなり低下します。 
(出典:田口ランディ『オクターヴ』)

・ルームサービスを注文すると、部屋に届けるまで約三十分かかるという。
(出典:森村誠一『生前情交痕跡あり』)

スポンサーリンク

類語

もてなし
意味:客への対応のしかた。(出典:デジタル大辞泉)

勤仕(きんし)
意味:職務・役目をつとめ、つかえること。(出典:デジタル大辞泉)

サービスの意味③「商売で、値引きしたり、おまけをつけたりすること。」

「サービス」の三つ目の意味は「商売で、値引きしたり、おまけをつけたりすること。」です。

「出血大サービス」などの場合はこの意味です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そういうことなら私はどこかでなんとかサービス券を手に入れてやろうと思う。
(出典:新井輝『ROOM NO.1301 私と佳奈ちゃんと豪華なお風呂 [2006 01WINTER]』)

・店の女の子が感心して、コーヒーをもう一杯サービスしてくれた。
(出典:赤川次郎『名探偵はひとりぼっち』)

スポンサーリンク

類語

割引(わりびき)
意味: 割り引くこと。一定の価格から、ある割合の金額を引くこと。(出典:デジタル大辞泉)

サービスの意味④「運輸・通信・商業など、物質的財貨を生産する過程以外で機能する労働。」

「サービス」の四つ目の意味は「運輸・通信・商業など、物質的財貨を生産する過程以外で機能する労働。」です。

「サービス業」などの場合はこの意味です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・つまり農業は、工業やサービス業などのほかの産業とは明らかにちがう。
(出典:井上ひさし『コメの話』)

サラリーマンやサービス業者は決してこのような腰かけ方はしない。
(出典:森村誠一『異型の街角』)

スポンサーリンク

類語

用役(ようえき)
意味:社会に役立つ働き。特に、運輸・通信、また、医療・教育などの、直接財貨を生産しない業務をいう。(出典:デジタル大辞泉)

役務(えきむ)
意味:公的な仕事。また、他の人のために行う労働。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました