サブリミナルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

サブリミナル

「サブリミナル効果」などのように使う「サブリミナル」という言葉。

英語では「subliminal」と表記します。

「サブリミナル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「サブリミナル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

サブリミナルの意味

「サブリミナル」には次の意味があります。

潜在意識に働きかけるさま。(出典:デジタル大辞泉)

「サブリミナル効果」で「潜在意識に働きかける効果」という意味になります。
「潜在意識」は、自分の中の気づかないところで活動する意識のことです。
つまり「サブリミナル」は、本人が気づかなないところで、その人の意識に働きかけることを意味します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・それはあまりに速くてサブリミナル手法のようで、理加子自身、自分がその絵を思い出したことに気づかない。
(出典:姫野カオルコ『ドールハウス -処女三部作1』)

・余ったコマを二、三借りて別の映像をサブリミナルみたいに差し込んでも、誰も気づかない。
(出典:鎌池和馬『新約 とある魔術の禁書目録 第13巻』)

サブリミナルの効果について、質より量の面で納得しようとしているらしい。
(出典:有栖川有栖『海のある奈良に死す』)

・そう考えれば、意図いとしてそんなサブリミナル的能力を使っているとも思えなかった。
(出典:林トモアキ,上田夢人『戦闘城塞マスラヲ 「私を地中海に@連れてって」』)

・エロチックな刺激などは、あからさまな方が効果的だが、人は、こと恐怖に関しては、サブリミナルなメッセージの方によりよく反応するらしい。
(出典:貴志祐介『天使の囀り』)

スポンサーリンク

類語

ユーモアアプローチ
意味:ユーモラスな表現を用いることで消費者の警戒心を解き、商品に親しみや好感を抱かせようとする広告法。(出典:デジタル大辞泉)

ネガティブアド
意味:他社製品や敵対する相手の欠点・弱点・悪口などを大げさに取り上げ、視聴者や読者に製品や人物のマイナスイメージを増幅させることを意図した非難広告。(出典:デジタル大辞泉)

パプリシティーリリース
意味:企業や団体が広報活動の一環として、自己の活動を周知させ好意的態度を作らせるよう積極的に報道関係者に情報提供し、メディアに話題として取り上げさせようとする活動。(出典:デジタル大辞泉)

ハードセル
意味:商品の効用を直接訴求する広告・販売法。(出典:デジタル大辞泉)

下意識かいしき
意味:明瞭な意識に対して、意識されていないが、思い出すことができるもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました