サステイナブルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

サステイナブル

「サステイナブルな社会」などのように使う「サステイナブル」という言葉。

英語では「sustainable」と表記します。

「サステイナブル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「サステイナブル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

サステイナブルの意味

「サステイナブル」には次の意味があります。

・持続可能であるさま。特に、地球環境を保全しつつ持続が可能な産業や開発などについていう。(出典:デジタル大辞泉)

1987年に国連「環境と開発に関する世界委員会」が公表した報告書「われら共有の未来Our Common Future」の中心的な考え方として「持続可能な開発(sustainable development)」という概念が提唱されました。
これが広く支持されたため、環境用語として認知されるようになりました。

一般的には、環境などに配慮した商品・取り組みなどに付け加えられることが多いです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・持ち物を大切に長く使うことは、サスティナブルな取り組みの一つである。

サステイナブルな社会を築くため、多くの企業が様々な取り組みを行なっている。

サスティナブルな開発は、自然環境や生き物の将来を守ることに繋がる。

サステイナブルファッションやサステイナブルフードが注目されている。

スポンサーリンク

類語

・持続可能(じぞくかのう)
意味:将来にわたり保ち続けることが可能であるさま(出典:Weblio類語辞書)

・持続可能性(じぞくかのうせい)
意味:生物資源(特に森林や水産資源)の長期的に維持可能な利用条件を満たすこと。(出典:大辞林 第三版)

・LOHAS(ロハス)
意味:環境や健康への意識が高い人々による、環境と共存しながら健康的で無理のない生活を追求するライフスタイルのこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました