コストとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

コスト

「コストを計算する」などのように使う「コスト」という言葉。

英語では「cost」と表記します。

「コスト」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「コスト」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

コストの意味

「コスト」には次の意味があります。

費用。特に、商品の生産に必要な費用。(出典:デジタル大辞泉)

「コスト」は、「コストパフォーマンス」「コストダウン」「サンクコスト」などさまざまな形で使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・普通の名刺が一〇〇枚三〇〇〇円とすると約三倍のコストがかかります。
(出典:藤原和博『自分「プレゼン」術』)

・機能的にもコスト的にも最も効率的な配置を考えると、こうなるんです。
(出典:池上永一『シャングリ・ラ 上』)

・あとは企画もコストも製作も全てうちでまかなってしまう、というもの。
(出典:霞流一『フォックスの死劇』)

・そのためには、目先のコストだけに注意をうばわれてはだめだったのだ。
(出典:高橋伸夫『できる社員は「やり過ごす」』)

・けど、そんなことをするために馬鹿みたいに高いコストをかける必要はない。
(出典:雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第1巻 リグザリオ洗礼』)

類語

要脚ようきゃく
意味:費用。必要な経費。また、それに充てる品物。(出典:デジタル大辞泉)

勘定かんじょう
意味: 代金を支払うこと。また、その代金。 (出典:デジタル大辞泉)

経費けいひ
意味:ある物事を行なうのに必要な費用。(出典:精選版 日本国語大辞典)

代価だいか
意味:ある事柄を成し遂げるために生じた犠牲や損害。(出典:デジタル大辞泉)

費えついえ
意味:費用。出費。かかり。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました