ケセラセラとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ケセラセラ

「ケセラセラな生き方」などのように使う「ケセラセラ」という言葉。

スペイン語では「lo que será, será」と表記します。

「ケセラセラ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ケセラセラ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ケセラセラの意味

「ケセラセラ」には次の意味があります。

なるようになるさ、の意。昭和32年(1957)ごろの流行語。(出典:デジタル大辞泉)

「ケセラセラ」は元はアメリカで人気だった女優「ドリス・デイ」が歌った映画の主題歌『ケ・セラ・セラ(que será, será)』から由来しており、映画と主題歌が有名になったことで広まりました。
「明日は明日の風が吹く」、「最後は上手いことになる」といった前向な考え方としての意味合いがあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

ケセラセラの使い方・例文

・喉頭ガンかな。酒は心臓に悪いし、まあケセラセラ。「僕らに未来はない」二、三年で死ぬとしたら、学生運動に大暴れに暴れてやろおうッと。
(出典:高野悦子『二十歳の原点』)

・「ま、色々とありましたけれど、一応、今後は頑張がんばりますから、ひとつよろしく、ケセラセラ」みたいな態度は、とてもじゃないけれど許されないのです。
(出典:田中康夫『ファディッシュ考現学』)

・やれることはやったし、明日はケセラセラな気持ちでがんばろう。

類語

明日は明日の風が吹く(あしたはあしたのかぜがふく)
意味:明日はまた、別の成り行きになるので、くよくよするな、の意。(出典:デジタル大辞泉)

運を天に任せる(うんをてんにまかせる)
意味:うまくいくかどうかは天の意志に任せる。成り行きに任せる。(出典:デジタル大辞泉)

運否天賦(うんぷてんぷ)
意味:運のよしあしは天が決めるということ。運を天に任せること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました