グローバルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

グローバル

「グローバルな経営戦略」などのように使う「グローバル」という言葉。

英語では「global」と表記します。

「グローバル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「グローバル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

グローバルの意味

「グローバル」には次の意味があります。

世界的な規模であるさま。また、全体を覆うさま。包括的。(出典:デジタル大辞泉)

「グローバル」は、ものごとが広く世界的・全体的に関わる様子を指します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

グローバルな企業の社員だから、社会情勢には常に気を配らなければならないのかもしれない。
(出典:喬林知『今日からマ王 第16巻 箱はマのつく水の底!』)

・我々のようにグローバルに投資する場合には一件で百億、二百億すぐかかる。 
(出典:城山三郎『勝 つ 経 営』)

・ごく数社の巨大企業体が、それぞれの産業でグローバル市場を牛耳るようになるという指摘です。
(出典:野中郁次郎/紺野登『知識経営のすすめ』)

・貧しい国から豊かな国への労働力の移動は、グローバル化した今の世界では、もはや止めることのできない流れになっている。
(出典:田丸公美子『パーネ・アモーレ イタリア語通訳奮闘記』)

グローバルな視点から、東城大学に新しい看板を掲げよう、という単純明快な主張を行った。
(出典:海堂尊『チーム・バチスタの栄光(上)』)

スポンサーリンク

類語

世界的(せかいてき)
意味:世界全体に関係しているさま。(出典:デジタル大辞泉)

国際的(こくさいてき)
意味:その物事が多くの国と関係があったり、世界的な規模であったりするさま。(出典:デジタル大辞泉)

インターナショナル
意味:国際間の。国際的。 (出典:大辞林 第三版)

ユニバーサル
意味:宇宙的なさま。全世界的。(出典:デジタル大辞泉)

ワールドワイド
意味:世界中に及んでいるさま。世界的。世界中の。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました