クレバーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

クレバー

「あの人はクレバーだ」などのように使う「クレバー」という言葉。

英語では「clever」と表記します。

「クレバー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「クレバー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

クレバーの意味

「クレバー」には次の意味があります。

賢いさま。気のきいたさま。利口。(出典:デジタル大辞泉の解説)

「クレバー」は、「それはクレバーな意見だ」のように発言や行動について頭の良さを評価する際に使います。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この猫どもあれだな、人間に飼いならされて クレバーになってるよな。
(出典:きゃんでぃそふと『つよきすACT D』)

・でも君はバカじゃない。それどころかたぶん、周りが思ってるよりもはるかにクレバーな人間だろうし。
(出典:鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 2』)

・一回出しておいた方がいいかなぁ。俺はクレバーだからちゃんと電話をかける。
(出典:きゃんでぃそふと『つよきすACT C』)

・最初にお会いした時の柳さんは小説書くのに苦しんで胃から血を吐いて入院中の身だったけれど、そういう異常な状況にもかかわらず明るく接して下さる、普通のクレバーな女性でした。
(出典:柳美里『フルハウス』)

・憎悪は憎悪しか生まないっそのことに気づいている数少ないクレバーな第五世代さ。
(出典:榊涼介『ガンパレード・マーチ 10-もうひとつの撤退戦』)

類語

スマート
意味:動作・行動などが、気がきいていて手ぎわの良いさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

賢い(かしこい)
意味:頭の働きが鋭く、知能にすぐれている。利口だ。賢明だ。(出典:デジタル大辞泉)

利口(りこう)
意味:頭がよいこと。賢いこと。また、そのさま。利発。(出典:デジタル大辞泉)

聡明(そうめい)
意味:物事の理解が早く賢いこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

インテリ
意味:知識、学問、教養のある人。知識人。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました