クリスマスイブとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

クリスマスイブ


「クリスマスイブの夜」などのように使う「クリスマスイブ」という言葉。

英語では「Christmas Eve」と表記します。

「クリスマスイブ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「クリスマスイブ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

クリスマスイブの意味

「クリスマスイブ」には次の意味があります。

クリスマス前夜。12月24日の夜。また、その時に行う祭り。聖夜。イブ。(出典:デジタル大辞泉)

12月25日はクリスマスですが、その前日にクリスマスイブが位置付けられています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

クリスマスイブの使い方・例文


・それがクリスマスイブの夜の街で靴をはいていないとは。
(出典:打海文三『時には懺悔を』)

クリスマスイブの夜に家にいることからもわかるように彼氏なし。
(出典:沖田雅『先輩とぼく 01』)

クリスマスイブまでの一週間、平介は何も手につかなかった。
(出典:東野圭吾『秘密』)

クリスマスイブの一週間前っていってたから十二月十七日だ。
(出典:東野圭吾『予知夢』)

・別れた夫、チャックが突然ミリーを訪ねて来たのはクリスマスイブの夜だった。
(出典:小池真理子『第三水曜の情事』)

類語


聖夜(せいや)
意味:クリスマスの前夜。12月24日の夜。クリスマスイブ。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました