キュンとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

キュン

「胸キュン」などのように使う「キュン」という言葉。

「キュン」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「キュン」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

キュンの意味

「キュン」には次の意味があります。

胸が締めつけられて涙が出そうになるさま。感動して急に気持ちが高ぶるさま。(出典:デジタル大辞泉)

かつてCMソングになったイエロー・マジック・オーケストラ「君に、胸キュン。」から使われるようになった言葉で、現代ではTikTokから「きゅんです」という言葉が流行り、若者に使われています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・十代の男というのは、こういう他愛のないことで、胸がキュンとしてしまうものなのである。
(出典:原田宗典『家族それはヘンテコなもの)

・芝居で心中と言えば胸がキュンとなるけどよ、本当の心中ってェのは恐ろしいよ。
(出典:宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 さらば深川』)

・もう会えなくなったんだ、だれか男がいるんだ、それを考えると真実胸がキュンと痛んだ。
(出典:阿刀田高『時のカフェテラス』)

・少年の純粋さに胸がキュンとなる。
(出典:姫野カオルコ『ほんとに「いい」と思ってる?』)

・しかし一年後、母親に再会した時、さすがに裕子さんは心がキュンと痛かったという。
(出典:家田荘子『極道の妻たち』)

類語

ときめく
意味:喜びや期待などで胸がどきどきする。心が躍る。(出典:デジタル大辞泉)

ラストシーン
意味:演劇・映画などの最後の場面。幕切れ。(出典:デジタル大辞泉)

どきどき
意味:驚き、恐れ、不安、または、喜び、期待などによる気持の高ぶりや、はげしい運動などによって、動悸がはげしく打ち続けるさまを表わす。(出典:精選版 日本国語大百科)

高ぶり
意味:高ぶること。興奮すること。(出典:デジタル大辞泉)

興奮こうふん
意味:刺激を受けて感情がたかぶること。また、その感情のたかぶり。(出典:精選版 日本国語大百科)

タイトルとURLをコピーしました