キャスティングとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

キャスティング

「役をキャスティングする」などのように使う「キャスティング」という言葉。

「キャスティング」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「キャスティング」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

キャスティングの意味

「キャスティング」には次の意味があります。

演劇・映画などで、役を振り当てること。配役。(出典:デジタル大辞泉)

この言葉は、釣りで「投げ釣り」の意味でも親しまれています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・見た目と地だけでキャスティングされたとは、今の今まで知らなかった。
(出典:今野緒雪『マリア様がみてる 19 イン ライブラリー』)

・だから彼らをキャスティングした時点で、短期間での撮影が目に見えた。
(出典:古沢良太,相田冬二『キサラギ』)

・人数が足りないとはいえ、キャスティングをあやまったような気がした。
(出典:小林信彦『紳士同盟ふたたび』)

・稲川淳二さんのキャスティングについて誰も文句ないんではなかろうか。
(出典:大槻ケンヂ『のほほん雑記帳』)

・そのひとつが、彼らが完成させようとしていた映画のキャスティングにあった。
(出典:吉村達也『ワンナイトミステリー5 「ナイルの甲虫」殺人事件』)

類語

配役(はいやく)
意味:演劇・映画などで、出演者に役を割り当てること。また、その役。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました