ガバメントとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ガバメント

「国のガバメントの指針」などのように使う「ガバメント」という言葉。

英語では「government」と表記します。

「ガバメント」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ガバメント」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ガバメントの意味

「ガバメント」には次の意味があります。

支配。統治。また、政府。(出典:デジタル大辞泉)

似た言葉に「ガバナンス」がありますが、意味が異なりますので注意が必要です。
どちらも「統治」を意味しますが、「ガバメント」は「政府による法的拘束力を伴う統治」、「ガバナンス」は「企業などの組織が、主体的に行う統治」を意味します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

ガバメントパーティー(与党)の支持率が低下している。

・その国の動向を知るためには、その国のガバメントを知ることが重要である。

・時代とともにガバメントのあり方は変化する。

スポンサーリンク

類語

ガバナンス
意味:統治。日本では、多くコーポレートガバナンス(企業統治)の意味で使われる。(出典:デジタル大辞泉)

体制(たいせい)
意味:その時代の社会を支配する権力。(出典:デジタル大辞泉)

統治(とうち)
意味:まとめおさめること。特に、主権者がその国土・人民を支配し、おさめること。(出典:デジタル大辞泉)

統べる(すべる)
意味:ひとつにまとめて支配する。統率する。(出典:大辞林 第三版)

支配(しはい)
意味:ある地域や組織に勢力・権力を及ぼして、自分の意のままに動かせる状態に置くこと。(出典:デジタル大辞泉)

政府(せいふ)
意味:政治を行う所。立法・司法・行政のすべての作用を包含する、国家の統治機構の総称。日本では、内閣および内閣の統轄する行政機構をさす。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました