ガス溶接とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ガス溶接

多くの構造物を作る上で欠かせない技術に「溶接」があります。

ひと口にその「溶接」と言っても様々な種類が存在します。

この記事では「ガス溶接」の意味や使い方について、小説などの用例を紹介しながら、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ガス溶接の意味

ガス溶接には次の意味があります

ガスの燃焼熱を利用した溶接法。酸素とアセチレンガス、または酸素と水素などを溶接器の先端で吹き合わせて燃焼させ、溶接する金属を溶かしながら溶接する。吹管溶接。(出典:精選版 日本国語大辞典)

使い方・例文

・ 鉄工場があるらしく、夜業をしていて、しきりとガス溶接の光をぴかぴか出していた。(出典:松本清張『危険な斜面』)

・ここでは夜業するときに、いつもガス溶接の作業をするので、蒼白い光をぴかぴか出しています。(出典:松本清張『危険な斜面』)

・南課長は十字路で見て、ガス溶接の閃光とまちがえました。(出典:松本清張『危険な斜面』)

・もし、この十字路から逆の方向に、街灯の光が見え、工場のガス溶接の閃光が見えたら、どうでしょう。(出典:松本清張『危険な斜面』)

タイトルとURLをコピーしました