オールドファッションとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

オールドファッション

「オールドファッションな考え方。」などのように使う「オールドファッション」という言葉。

英語では「old-fashioned」と表記します。

「オールドファッション」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「オールドファッション」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

オールドファッションの意味

「オールドファッション」には次の意味があります。

・古めかしいこと。古くさいこと。流行おくれ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「オールドファッション」とは、「old=古い」「fashioned=流行、スタイル」という言葉を合わせたものです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・現実を忘れ、現実からは得られない知恵が得たいから推理小説を読むのである。だから彼はなるべく刑事の登場しないオールドファッションのものを好んだ。
(出典:森村誠一『精神分析殺人事件』)

オールドファッションの時計革で一枚続きの、時計の下をくぐらせて留めるやつ。
(出典:中井英夫『虚無への供物』)

・また、表面においしい焦げ目をつけたい時には、粉をあっさりとふりかける。これは今ではオールドファッションだというが、オールドファッションはしばしば人間の帰巣本能を満たしてくれる。
(出典:本間千枝子『アメリカの食卓』)

・よく使い込んだオールドファッションのシステムキッチンの手前には、大男が一人らくらく出入りできるようなワインレッドの冷蔵庫が大きく場所をとっている。
(出典:梅田みか『別れの十二か月』)

・青年の手は、マティニをいれたオールドファッショングラスにのびかけたが、指がこわばって自由がきかないみたいで、またひきさがり、にぎりしめられてしまった。
(出典:小松左京『流れる女』)

類語

・旧式(きゅうしき)
意味:形、デザイン、作り方などが古くさいこと。時代おくれ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・前近代的(ぜんきんだいてき)
意味:やり方などが一時代前のもので、合理性に欠けるさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました